『ハンダマ/金時草/水前寺菜の苗 6個セット』加賀野菜・式部草としても知られている夏野菜♪ ★送料無料!

ハンダマ(和名は水前寺菜)は、昔から薬草として常用されてきた。「水のあるところを好む草のため、昔は必ず井戸のそばに植えてあり、体調の悪いときに食べた」という。できものができたときには、火であぶってもんで傷口につけたともいわれ、また食べると血がさらさらときれいになるともいわれてきた。  昔から炒め物、雑炊、和え物などに料理されることが多い。シークワーサー(沖縄でつくれれている柑橘)とも相性がいい。加熱すると、少しぬめりが出てきて、時間がたつと紫色がとけだしてくる。 金時草は暑さに強い野菜で、夏に盛んに成長するので、その時期に主に収穫されます。逆に冬は地上の葉は枯れてしまうので、収穫は11月頃には終了ろなります。そう言う事から、金時草が美味しい旬の時期は夏7月から9月頃と言えます。 商品詳細 東南アジアが原産とされるキク科の多年草 葉の部分と若い茎を食用とします 石川県金沢市の伝統野菜 「加賀野菜」 愛知県では「式部草」
型番 va10333
販売価格

1,980円(内税)

購入数

おすすめ商品

ショップについて

柴 田 幸 宣

ショップフィールドへようこそ! 店長の柴田です。 当ショップでは、薬草・ハーブ・健康野菜を中心に話題のグッズまで私が吟味・厳選した商品を皆様にオススメしてます♪